太ってしまったのでダイエットを始めました

30歳までにしたいダイエット方法と手法

三十歳になる今までダイエットというものはしたことがありませんでした。だからといって痩せているわけではなく標準体重をオーバーするような体格だったのですが、人生それで困ったこともなく健康診断も問題なかったので普通に暮らしていました。
しかし、一年間で8キロ太ってしまったときがあり、さすがにこのままではヤバいのではないかと思いダイエットを始めようと思ったのです。ダイエットに挑戦するのは初めてでしたので、何をどうしたらいいのかなど分からないことがとても多かったです。
たとえば食生活も今までと同じようなものを摂取していればやせるわけではない、というのは分かるのですが、何を摂取したらやせることができるのか、というのがわからないのです。
そこでネットなどを使い、普通の人の食生活などを参考にしてみることにしました。私は油ものが大好きでから揚げや天ぷら、お菓子なども大好物でした。
これはダイエットの天敵になるものだ、ということが分かり摂取を抑えるようにしました。しかし、今まで三十年生きていて食生活を今さら変えるというのはなかなか厳しいものがありました。しかし今やらなければ一生やらない、ということが自分でもわかっていましたので、まずは一年間でどこまでダイエットできるのか、その間は食べるもの我慢しよう、と考えることにしたのです。
一年間だけ我慢したら自分の好きなものを食べてもいいんだ、と思うことで心が楽になり、食生活の改善ができるようになりました。
運動することは、運動に時間をとられることが苦手ではありましたが、運動自体は苦手ではありませんでしたので毎日のウォーキングや自宅でステッパーや踏み台昇降をやるなど、一日最低三十分はダイエット用の運動に費やす時間をもつようにしました。
そうすることで徐々にですが痩せることができ、服のサイズが今までの15号から11号まで落ちたのです。
特に腹まわりがとてもすっきりしてきて、自分の努力が目に見えてこんなに分かるのか、と驚いてしまいました。
そうなってくると、ダイエットが愉しくなり、野菜中心の生活にしてみたり、わかめを沢山摂取してみるような生活をして、自分にあっているダイエット生活を実行しています。
自分の体がほしい、と思うものを一日の摂取カロリー内で摂取するのが意外と楽しくて最近ではダイエットというより食生活の改善が主になってきていますが、それはそれでストレスなく生活できるようになりました。
体に無理なく、自分のペースでダイエットを行うことができるのはとてもよいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です