これさえ読めばお茶ダイエットで痩せられる!?本当は教えたくない3つの方法

お茶ダイエットの効果がアップ!?効率が良い3つのダイエット方法

健康的な食事を心がけてお茶でダイエットをしたい!

お茶をダイエットに取り入れる事で効率的に痩せる事が可能になります。今では色々な種類のお茶が販売されていて商品も選びやすくなりました。
しかし、本当に効果があるお茶はどのように選んだら良いのでしょうか。

お茶ダイエットは他のダイエット方法と組み合わせてする事で効果をあげる事ができます。

バトミントンなどの運動でもいいですし、炭水化物ダイエット、プラセンタサプリなどでも良いです。

今回は、お茶ダイエットをする上で知っておきたいダイエット方法の組み合わせについて紹介します!

私がダイエットを始めたのは秋口です。

来年の春や夏に向けてきれいなラインの服を着たい、と思いダイエットを始めました。

お茶ダイエットはずっとしていましたが、思うように体重を減らせないという方は多いかもしれません。

ダイエットはいたって普通に食事制限をしたり、油ものを摂取するのを控えたりするものです。秋口はそれだけで問題なく、体に不調も何もなかったのですが、冬場になるとどんどん体に変な変化がでてきてしまいました。
まず肌がカサカサするのです。よくテレビなどで乾燥肌、とかいいますが、太っているときは乾燥肌になったことがありませんでした。全体から油が染み出て乾燥しないようになっていたのだと思います。

しかしやせてからは油分が体になくなってしまったのか、手の先がカサカサしはじめ、ダイエットのために始めていた運動をすると、乾燥のため体が痒くなってしまうのです。
保湿に気を使うようになったのですが、外側からの保湿だけですと追いつかないのです。

特に手先などは水を使いますので何度保湿してもぱっくり割れてしまいますし、汗をかくことで痒くなってしまいます。
体もそうで、アトピーのような症状や腫れ赤みが出てきてしまうのです。

そうなるとストレスを感じてしまいますし、ダイエットのために運動をしているのに運動をすることで赤みが出たり痒くなったりしてしまいイライラするのです。
せっかく徐々に体重が落ちてきているのにダイエットはうまくいっているのに体がうまくいかないことに危機感を覚えてしまい、自暴自棄になってしまいそうでした。

そこで、自分の食生活を考えてみたのです。
ダイエットのため、ということで油ものの摂取を控えているのですが、これが原因なのではないかと気づきました。

お茶ダイエットで痩せる事が出来る方が多いのもまた、事実ですが色々なダイエット方法は取り入れていきましょう。

太っていたときは油ものの摂取を控えていませんでしたので、体はパナンパンムチムチでしたが、艶やかでした。
街中で見かけるぽっちゃりした人たちも総じて艶やかな肌をしているのです。

私のダイエットの場合、炒め物や油ののっているものは摂取しないようにしているのですが、そのせいで油分が足りないのです。
しかし、ここまできて自分が油ものを摂取することというのがまだ微妙に許せないのです。

そこでプラセンタサプリを飲んでみることにしました。

プラセンタは油ですので、ダイレクトに体に入ってくれます。今までは、油をサプリで摂取しても外に出るだけじゃん、と思っていたのですが、今の私にはこうやって油分を摂取するのが一番なのです。油が足りないことで肌に支障をきたしてしまっているのですから何の形であれ油を摂取して、肌に潤いを齎すことが大事なのです。今はサプリで油分も補うことができ、イライラしないでダイエットを継続することができています。

お茶ダイエットと糖質制限

今までダイエットはカロリー制限法でやってきました。

成人女性なので1日1500kcalに抑える方法です。
ノートに食べたものを記録しカロリーを計算まではできるのですが、大食いの私はお腹が空くのが辛くていつも挫折。
お茶ダイエットと合わせて行っていくのが良い。そう考えた時に、カロリー制限よりお腹が空かなくて挫折しないダイエット法はないかな・・・と探して見つけたのが「糖質制限ダイエット」でした。
初めて挑戦してみた「糖質制限ダイエット」について書いてみようと思います。

■ルールは「糖質1日60gまで」のみ!とお茶を飲む事

糖質制限ダイエットのルールはただ1つで「糖質1日60gまで」を守ればいいだけです。
糖質の60gという量は大変少ないのですが、それさえ守ったら他は何を食べてもOKなので、私には合っているダイエット法でした。
タンパク質、脂質をしっかり摂れるので、食事の満足感も高いのが特徴です。

鶏ムネ肉のゆでたものはもちろん、脂質もOKなので牛ステーキの量もしっかり食べられます。
植物性タンパク質もたくさん食べられて、納豆、豆腐、缶詰のゆで大豆などは食卓の常連になりました。

もちろん野菜もしっかり食べます。
マヨネーズを使っても大丈夫なのが糖質制限ダイエットの良いところでした。
なぜかケチャップがNG食品で、成分表示表を見ると意外と炭水化物が多いのです。
マヨネーズは卵、油、酢でできているため、糖質制限の人には適した調味料なんだそうです。
食事の時にはお茶を取り入れます。

お茶はどれを選んでも良いというわけではなく、正しいダイエット茶で衛生面、効果面でもしっかりとしたお茶を選ぶことが重要です。詳しくはお茶ダイエットの方法を参考にしてください。

参照 お茶ダイエットランキング

お茶ダイエットについて詳しく解説されていますので非常に参考になります。ダイエットを開始する前に必ず読んで、正しいダイエット茶を選んでください。

■甘いものを我慢してお茶を飲む

糖質制限ダイエットなので甘いお菓子は食べられないのですが、タンパク質や脂質をしっかり摂れたため、お菓子抜きでのストレスが激減しました。

甘いものが好きな人には糖質制限ダイエットもつらい面がありますが、もともと甘いものを食べないで間食はチーズやさきいかなんて人には、糖質制限ダイエットは向いているのではないかと思います。
甘いものさえ食べなければ間食自体は構わないので、冷凍枝豆、ヨーグルトなどよくおやつに食べています。

■食費を抑えてお茶を買う

いいことづくめの糖質制限ダイエットですが、スーパーで肉類をたくさん買い込み、野菜もどんどん買うため、食費が3割増しと大幅にアップしています。
それだけ栄養がしっかり摂れているという証拠なのですが、長期的に続くとなると糖質制限ダイエットにかかる食費を見直す必要ができそうです。

しかしジュースやケーキを全く買わなくなりましたし、その分の食費を回せば解決できそうです。
所得が低い人の方がファストフードや炭水化物に栄養が偏りがちとよく聞きますが、新鮮な魚や肉、野菜は栄養が豊富なため、食費がかかるものなんだなとしみじみ感じています。

糖質制限ダイエットを始めたら、1週間で2kgやせました。その間にした事はお茶を飲む事と糖質制限だけです。
ここまで早く効果のでるダイエットは初めてです。
しかもお腹が空かない、つらくない。

難点は、食費がかかるのみです。
食費がかかるとはいえ、エステの痩身メニューなどを利用するよりは絶対に費用対効果が高いです。
栄養をつけてやせるには、糖質制限ダイエットが一番なのではと考えています。
ジュースやケーキ代を肉、魚に回しても良いダイエッターに糖質制限ダイエットを強くおすすめします。

また、食事中にお茶をとることは絶対に忘れてはいけません。

お茶ダイエット以外の方法も常にチェックしよう!

つねにダイエットについての情報を探しています。

探しているというよりも、探しているつもりはなくても”ダイエット”とか”やせる”という言葉を見つけると、必ず目がとまります。そしてその記事をじっくり読んでしまうのです。
ダイエット系のブログを見るのも好きで、そういうブログを見て「この人もこうしてがんばっているんだから、私も頑張らないと」と気合いを入れます。画像つきの記事を書くブロガーさんもいて、ウェストあたりが細くなっていく画像
を見ると、自分ももっと頑張らないとと思えます。

お茶ダイエットに+@をしよう!

お茶ダイエット以外の方法もしっかりと調べておくことが重要です。

自分でもできる方法を実践しているブロガーさんの記事がいいです。まめにエステに行っているとか、脂肪吸引などのブログ記事はほとんどスルーしています。エステについては私も知りたいことがあるのですが、それは美肌のためにです。ダイエットのためにエステに通うことは、この先もないと思います。エステでやせられても、その効果を持続させるためには、自分の努力が必要だと思うし、そちらのほうが大きいと思います。

自分と近い年齢の人の記事をとくによく読みます。やせやすさは年代によって大きく違いますから(20代のときと同じ方法ではやせないことを体験したので・・)、自分の年齢なりの方法を知りたいからです。むちゃすると後が怖いので・・。

こういうブログ記事で知ったことは、冷えが体によくないということです。私自身が冷え症ではないのですが、それでも冷えを防止するケアをしたほうがいいらしいです。体を温めることで防げる体調不良もあるようですし、冷えると太りやすくなるということなので、これからは私も冷え防止につとめます。

このように、ブロガーさん達の記事から学べることは多いです。テレビの情報番組でもやっている内容が多いかもしれませんが、私はそういう番組をあまり見ないので、こういうブログ記事がとてもありがたいのです。これからも定期的
にダイエットのことや、ダイエット以外の美容についてのブログ記事を読みます。

お茶ダイエットと合わせて実践できるダイエット方法を探すのです。
ダイエットで思い出したことで、これはブログ記事ではなく、テレビで見た情報なのですが、お正月に食べるおもちのかわりに、おからと片栗粉と牛乳で作るもちっとしたおまんじゅうみたいなものが、ダイエットのためによさそうです。クリスマスや年末年始はいつもより食べてしまう時期なので、おもちだけでもこういう工夫をして変えていこうと思いました。おもちを食べないだけでもカロリーを大幅にカットできるのではないかと・・。でもやっぱり食べてしまうかなとも思います。

お茶ダイエットは非常に優秀なダイエット方法です!頑張って実践していきましょう!

運動不足は無理するな!運動ダイエットにはバトミントンが一番!?

ダイエットの基本はふたつ。バランスのとれたカロリー控えめの食事、そしてもうひとつは運動です。
無理な食事制限のみでは本来ダイエットで落とすべきである死亡以外に、骨や筋肉などの必要な組織さえも痩せてしまいます。結果体調を崩したり、リバウンドしやすくなったり、体重は減っても体のラインは醜いまま……なんてことも。
それを防ぐのが運動です。有酸素運動で脂肪を燃やし、無酸素運動で筋肉を鍛える。食事の改善と並行して行うことで、体は綺麗に痩せていきます。
……と、ダイエットの基礎を並べ立ててはみたものの、実際そう上手くはいきません。
今回は、私のダイエット失敗談をお伝えしようと思います。読んでくださったあなたが反面教師にしてくれたら幸いです。

・踏み台昇降の罠
もともとものぐさで楽をしたがる性格の私は、ダイエットでも短時間高負荷の運動方法を探していました。
インターネットで見つけて、強く心惹かれたのが「踏み台昇降ダイエット」。その名の通り、踏み台を上り下りして行うトレーニングです。
有酸素運動である踏み台昇降には、30分ほどでウォーキング1時間程度のカロリー消費があるといわれています。おまけに、歩くという無理のない動作の延長線上にあるため、初心者でも必要な筋肉がつきやすいのです。
これはいい! 心惹かれた私はさっそく、高さのあまりないダンボール箱に不要な雑誌を詰めて踏み台を作成。イヤホンで音楽を聴きながら、毎日コツコツ続けました。
それが、不幸の始まりでした。
当時の私は、自分の運動不足をなめていました。2週間も続けると、左膝と股関節に違和感を覚え始めます。日々痛みは強くなりましたが、1日でもサボってしまえばこれまでの努力が無駄になる……そう考えていた私は、1日たりとて休むことはしませんでした。

こういったときはバトミントンをするのがとてもおすすめです。

これがよくなかったのです。もともとの筋力不足に加え、私は踏み台昇降をする時、姿勢にすら気を配りませんでした。背筋を伸ばし、体の右と左へ均等に負荷を与えなければ、体は利き手利き足側でより多くの負荷を受け持ち、筋肉に偏りが出てしまいます。私は利き足が左だったので、その負担のガタがきてしまったのです。
体のゆがみのほとんどは、この筋肉の偏り。私の体はいまだに、骨盤や関節のゆがみ、捻れがひどいです。あの時無理せず、正しい知識を仕入れて着実に実行していれば、ここまで体に故障は出なかったのだろうと思うと今も後悔の念でいっぱいです。

これからダイエットを始める方、運動に力を入れていこうと考えているあなた。
少しでも体がサインを出したら、無理はしないでください。ダイエットはいつだってやり直せるし始められますが、一度壊した体はなかなか元には戻りません。
無闇に回数をこなすより、正しいやり方で少ない回数でもじっくり取り組んでいきましょう。大丈夫、人間はいつでも痩せられる生き物なのですから。

ゆっくりと焦らないダイエットも時にはとても重要です

私は、今、ダイエットをしています。
ですが、ダイエットと言っても、テレビでやっているような過酷なダイエットではありません。
私は、今までいろいろなダイエットをしてきましたが、ことごとく失敗してきました。
どんなダイエットでも、私は結果を早くに出したいと思い、焦ってダイエットしようとします。
毎日、一日に何回も体重計に乗ったり、食べる量を極端に減らしたり、炭水化物を一切食べない様にしたり、とにかく、早く痩せたいと気持ちが焦っていました。
ですが、そのようなダイエットで私はいつも失敗しているのだとわかって、焦らないダイエットをしてみようと考えるようになりました。
今まで、色々なダイエットをしてきたり、情報を集めたりした中で、自分に合っていると思う方法を取り入れながら、無理なくダイエットを進めています。
まず、3食はしっかりと食べるようにしています。
カロリーを減らしすぎると、次に、摂取カロリーを普通にも戻しても、リバウンドをしてしまうそうです。
食べ過ぎてリバウンドをするのはわかりますが、普通に食べてリバウンドをするのは嫌なので、3食は食べ過ぎない様に、栄養のあるものを食べるようにしています。
ただ、自分の中でのルールとしては、お昼はしっかりと食べて、晩御飯は食べ過ぎないようにする。ということです。
一日で同じ量を食べても、晩御飯として食べるよりも、お昼として食べるのが一番カロリーの吸収が抑えられるそうです。
10時から2時くらいの間にご飯を食べた分は、脂肪になりにくいそうなので、その間にお菓子を食べたい場合は、食べ過ぎない様に食べるようにしています。
今まで、私はダイエットをしているときはお菓子を一切食べなという決まりを自分の中で決めていました。い
ですが、いつも、お菓子を食べたらだめだと思うと、食べたくなってきてストレスが溜ります。
やはり、適度にお菓子を食べて、ストレス発散をして、「お菓子がおいしい」と思って、ストレスを溜めない様にしていくのは、大切な事だと思いました。
そのように、食べ過ぎない程度に、栄養のあるご飯をしっかりと食べ、また、便秘気味の体質なので、便秘解消のために、お通じに良い食材を食べるようにし、便秘が完全されると、身体が前よりも軽くなってきました。
お腹がへっこみ出すと、ダイエットを成功させられているという自分での実感があり、今のダイエットを続けていく勇気に繋がります。
急いでダイエットをしても、その後それを保てないと意味がないので、焦らずゆっくり、健康的にダイエットをしています。